スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

蜃(しん)の見る夢(11月8日投稿)

1108shinnomiruyume.jpg
大荒れだった昨日から一転、今日は朝から最上級の快晴です。
13時の気温は16度、北西の風6m/s。
昨日の最高気温と同じでも陽射しがある分暖かくかんじます。
冬場は荒れる海も今日は穏やか。
人のいない海岸に打ち寄せる波の音が大きく聞こえてきます。
沖合い遠くに眼をやると・・・
遥かに見える越前海岸付近が上に伸びて蜃気楼状態。
最大望遠ど撮ってみたけど画像からではイマイチ解りにくいかな?
<撮影場所:敦賀市内>
 
 
 
1108add.jpg
タイトルの『蜃(しん)』とは巨大なハマグリのコト。
水中のハマグリの周りにモヤッとした粘液っぽいモノを見たことは
ありませんか?
昔の中国では、蜃気楼とは巨大なハマグリが出した粘液の中に見える
幻影だと言い伝えられていたそうです。
遠くのモノが近くに見えたり、奇異な形に見えたりと何とも不思議な
現象に夢のある解釈です。
昔の方ホドではないと思いますが、蜃気楼に気付いた時には本当に
ビックリです。
海面と空気の温度差のマジックにしばらく魅入られていました。
そして何よりも、春先の富山湾・魚津以外でも見れるというのに
更に驚かされました。
<撮影場所:敦賀市内>
16:06 | ウエザーリポート '06 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
インディアンサマーの空の下(11月9日投稿) | top | 冬の味覚がやってきた(11月7日投稿)

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://mutty.blog61.fc2.com/tb.php/541-1304fa59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。